相模原どうぶつ医療センターBlog

動物眼科専門医が教える犬&猫の『目の充血』その原因と対処法

気にはなっても「そのうち治るだろう」とつい放置しがちな動物たちの「目の充血」。一時的な症状の場合もありますが、実は深刻な病気のサインの可能性も…。そこで、目の充血の原因として考えられる病気やその危険性、対処の方法などについて、眼科専門医である寺門邦彦獣医師が説明します。

寺門邦彦(獣医学博士)

比較眼科学会所属。麻布大学附属動物病院全科研修医、日本獣医生命科学大学大学院 獣医外科学教室(眼科)、麻布大学附属動物病院特任助手 眼科担当を経て、2018年より現職。

動物の「目の充血」は様々な病気のサイン

犬や猫の目が充血しているということは、結膜に炎症が起きているということなんです。いわゆる結膜炎と呼ばれるものですが、正常な目であればまず起こることはありません。したがって、目の充血は何らかのトラブルのサインである可能性が高いんです。例えば、眼圧の上がる「緑内障」や目の中に炎症が起こる「ぶどう膜炎」、目の表面に傷ができる「角膜潰瘍」といった、放っておくと失明に至る目の病気が考えられます。また中には、内臓のガンによって目の充血が起こっているなど、目ではない器官の病気のサインの場合もあるんです。もし両目が充血していたら、その可能性も疑うべきでしょう。

ワンちゃんの飼い主様に知っておいてほしいのは、目の病気ごとにかかりやすい犬種があるということ。緑内障であれば柴犬、白内障であればトイ・プードルなど、ほとんどのものに好発犬種が認められています。病気の傾向を把握しておくことが、予防や早めの処置・来院につながるでしょう。

主な目の病気と好発犬種
緑内障 柴犬/アメリカン・コッカー・スパニエル/シー・ズー/ボストンテリア/ビーグル など
白内障 柴犬/トイ・プードル/フレンチブルドッグ/ミニチュアピンシャー/ヨークシャー・テリア など
乾性角結膜炎(ドライアイ) アメリカン・コッカー・スパニエル/シー・ズー/パグ/ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア/ブルドッグ など
水晶体脱臼 ヨークシャー・テリア/ジャックラッセル・テリア など
遺伝性網膜変性症 ミニチュア・ダックスフント/トイ・プードル/ラブラドール・レトリーバー など

猫の場合、ウイルス感染症が充血の原因になっていることもあるんです。屋外に出る子は、他の猫から「猫ヘルペスウイルス」や「白血病ウイルス」、「エイズウイルス」など、深刻な病気を引き起こすウイルスをうつされることがあります。「たかが充血」と思って油断していると手遅れになりかねません。

「様子見」は危険!?できるだけ早く病院へ

目の充血が見られた時は、すぐに病院へ連れて行くことをおすすめします。病気によっては、たった数日放置しただけで失明に至ることもしばしば。突発的にかかる病気も多いので、「昨日まで元気だったから、まぁいいか」という考えで様子を見るのはとても危険です。特に「涙がたくさん出る」「目が十分開かない」「元気がなく、ご飯も食べない」といった症状を伴っている場合は緊急性が高いと考えてください。これらは「痛みのサイン」であり、重大な病気を患っている可能性を示しています。

病院へ連れて行くまでにご家庭で気を付けてほしいのは、動物自身も人も「目に触らないようにすること」です。炎症や傷がひどくなる危険性があるのはもちろん、飼い主様が触ろうとして本気で噛まれてしまうこともあります。エリザベスカラーをつけ、そっとしておいてあげるのがよいでしょう。

正しい知識を持ち後悔しない選択を

病院にかかった際には、担当医の方としっかりコミュニケーションをとってください。「とりあえず目薬や抗生剤で経過を見る」など、詳しい検査を先延ばしにすると、その期間に病気が進行して取り返しのつかないことになりかねません。飼い主様も正しい知識を持ち、獣医師と一緒に診断や治療を考えていくのが大切です。

最近はインターネットで多くの情報にアクセスできるようになりましたが、中には事実に反するような記載もあります。信頼できる獣医師や動物看護師などに相談し、後悔しない選択をしてほしいですね。

TOP